Facebookタグ付け方法より、目的と見え方の違いを理解するといいですよ

みんな使っているけどもう1つわかりにくのがタグ付けかもしれません

よく聞かれるということは・・・
つまり、方法より、その効果効能や目的がわからないのではないでしょうか?

今日はタグ付けって何のため?
してみたけど何もかわらない。
そんなあなたのために解説します。

【タグ付けは何のためにする?】

まずざっくりいうと、『アピール』のためにします。
効果効能は、すぐにはわからない事が多いです。
拡散してみたからといって、いいねが必ず増えるとは限りませんよね?
それと同じです。
知らない人からのいいね!やコメントがあるかもしれません。

まずここまではいいでしょうか?

【タグ付けには大きく分けて2種類あり見え方が違う】

次にタグ付け意味的2つの分類があります。

1つ目:一緒です、アピールタグ付け。

2つ目:控えめ、お知らせタグ付け。

見え方の違いを動画でご覧ください。

いかがでしたか?

【効果は?】

強制的に相手のタイムラインにカットインするのと、

控えめにお知らせとニュースフィードで回るものの違いです。
(ニュースフィードって???のかたは無視してOKです)
これ覚えておいたほうがいいと思います。
理由は間違った使い方をすると、

相手に悪い印象を与える可能性があります。

もちろんアピール度は、○○さんと一緒ですがダントツ上です。

【使い分けは?】

あとは使い分けです。

実際一緒に今いる!さっきまでいた!ならアピールもあり。

それ以外はお知らせタグでいかがでしょうか?

アピールタグ付けは事前にお知らせしたほうが良いと思います。

もし、勝手にされていやな場合は設定しましょうね。

【タグ付けをタイムラインに載せる・やめる設定】

Facebookからの引用。

タイムライン掲載の確認では、自分がタグ付けされた投稿をタイムラインに掲載する前に手動で承認するかどうかを管理できます。確認する投稿がある場合は、アクティビティログの左側のタイムライン掲載の確認をクリックしてください。

注: これにより管理できるのは、タイムラインで表示されるもののみです。タグ付けされた投稿は検索やニュースフィード、Facebook上のその他の場所で表示され続けます

【まとめ】

ぜひ目的や効果を理解して、
使う使わないを決めてくださいね!

私個人的には必要事項ではないと思っています。
タグ付け星人って言われないよう、効果的に使えるならそれが一番。

追記

今回は初めて”発信マインド&スキルが上がるメルマガ”から、

ブログで詳細を書いてみました。

まだお読みになってないかたは購読してくださいね!

unoboc5qQdEvsHx1467239688_1467239960